プログラミングトレードアカデミー

3分程度の動画で学習する!

無料新規登録

マルチタイムフレームピボット

トレステ解説

●トレードステーション用のマルチタイムフレームピボットでデイトレードを便利に!

トレードステーション用としても「マルチタイムフレームピボット」が存在しています。
ヘッジファンドでも用いられており、レスポンスが良いのが魅力です。

マルチタイムフレームピボットを使うと、視覚的に分かりやすい水平のラインをオートで出してくれるようになります。そのためデイトレードで安定して利益を出したいのであれば、欠かせないツールであると言えます。

また、日足は当然として月足や週足の線も一度に出すことが可能ですから、マルチタイムフレームピボットがあれば、様々な時間軸に関わる大切な価格帯がどこなのか判断することも叶います。

一回利用方法をマスターすれば、デイトレードの際には必ず使いたくなることでしょう。

●トレードステーション用のマルチタイムフレームピボットはどんな感じ?

まず、大半のトレードソフトに単独のピボットのインジケーターはデフォルトで入っています。
ですが、あまり便利なインジケーターが入っていることは少ないですね。

フリーのトレードツールには、マルチタイムフレームピボット、つまり色々な時間軸のピボットが出せるものはありませんでした。

ですが、デフォルトでないものであれば、
マルチタイムフレームピボットのインジケーターが、トレードステーション用(マネックス)として存在しています。

先ほども紹介したように、日足、週足、月足のピボットを算出して、チャートのところにラインを出してくれます。

水平線の透過のさせ方、カラーリング、線のタイプなどを色々変えることができますので、見やすいように調節することができます。

実際、私もこのインジケーターを導入してからは、株式投資のデイトレードがかなり行いやすくなりました。

大口約定ラインと、このマルチタイムフレームピボットがあれば、「どの価格帯が重要なのか」がチャートを出して数秒で分かるようになると思いますよ。

●ピボットとは?

「重要な価格帯になる可能性が高いライン」のことをピボットと言います。
そして、マルチタイムフレームピボットは、その線をオートで出してくれるツールなのです。

1日前の日足の4本値を手掛かりにピボットが算出されます。
日足は当然として、月足や週足のピボットを算出させることも可能です。

実際、一度でも使ってみれば
「ピボットってかなり単純明快なんだな」ということがお分かりいただけるはずです。

そして、このピボットはヘッジファンドの投資家の多くが古くから用いてきたので、
ピポットのところで、価格がグイッと動く可能性がとても高いと言えます。

FX投資においても株式投資においても、ピボットのところで変わった動きを見せることは、実際にかなりよくあると、私も日々のトレードにおいて思っています。

特に、二つ以上の時間軸のピボットが重なる範囲や、週足や月足ピボット等の上位足のピボットに関しては、さらに値動きが逆転しやすいと痛感しています。

ちなみに、ピボットは人力でも一応算出できるので、興味がある人は調べてみてくださいね。

●トレードステーション用のマルチタイムフレームピボットとは

「日足」「週足」「月足」「年足」の4種類のタイムフレームをベースに算出したピボットを、トレステのチャートに出すためのツールです。ちなみに、サポート・レジスタンスラインを出すことも可能です。

●マルチタイムフレームピボットを株式投資のデイトレードで用いるには?

マルチタイムフレームピボットのインジケーターの使用方法はかなり簡単です。

マルチタイムフレームピボットのインジケーターを、日足(5分足など)チャートで使うだけです。

まずは、インジケーターのインストールを行います。そして、メニューから「挿入」をチョイス→「インジケーター」をチョイス。すると、インジケーターをチョイスする欄が出るので、「マルチタイムフレームピボット」のインジケーターをチョイスして、トレードステーションのチャートに出しましょう。

上手くいくと、マルチタイムフレームピボットの水平線がチャートに出るようになります。

↑は私がちょっと前に投資していた銘柄のチャートなんですが、このような変動を見せることが非常に良くあります。

とりあえず、マルチタイムフレームピボットを様々な銘柄のチャートで使ってみてはいかがでしょうか。マルチタイムフレームピボットの威力が良く分かるはずです。

トレードステーションにおけるマルチタイムフレームピボットの使用方法をまとめておきましょう。

1:ピボットのどれかに近づいた段階でエントリーを行う
2:ピボットのどれかに近づいだ段階で利益を確定させる

つまりは「水平線のところで価格がグイッと変動する可能性が高いので、それを見計らって売買を行いましょう」ということですね。

とりあえず、この2つのポイントを守るだけでも、ほとんどの方はデイトレードの利益が現状よりもアップするはずです。

ただし「どこでエントリーをするか」という微妙な調整はやはり欠かせませんので、「ピボットラインのところで、指値注文をする」とだけ考えていると勝率が下がってしまう恐れがあります。

既存の他の売買セオリーや、皆さんの基本方針などをベースにして、そこにマルチタイムフレームピボットを混ぜる感覚で使うことをおすすめします。

●マルチタイムフレームピボットの読み取り方

「ラインの形式」と「ピボットの指標」はこのような組み合わせとなっています。

日足、週足、月足に関しては線の太さとカラーリングをそれぞれ変えることができるので、パパっと見分けることが可能なはずです。

※設定は好きに調整することが叶います

トレードステーションのチャートにマルチタイムフレームピボットを導入するとこういう感じになります↓

※「最新の線だけを出して、以前の線は出さない」というのが初期設定となっています。
(こちらの画像では、以前の線も出すように調整しています)

特に次のことが重要ですので覚えておきましょう。

月足ピボット:前の月の月足4本値をベースに算出したラインを当月のチャート上に出す
週足ピボット:前の週の週足4本値をベースに算出したラインをその週のチャート上に出す
日足ピボット:前の日の日足4本値をベースに算出したラインを当日のチャート上に出す

●パラメーターの調整方法

マルチタイムフレームピボットでは、色々な線の透過のさせ方、太さ、カラーリング、線のタイプなどを調整することが可能です。

●myMonths

「これまでの○カ月分のピボットを出すか」を選ぶことができます。
最新のピボット以外必要ないのであれば「0」にすればOKです。
ちなみに、以前のピボットを出す際には、指定した範囲を超えるローソク足がチャートに出ていなければなりません。

●Monthly_Line_Color ・・・月足ピボットラインのカラーリングを選ぶことができます。

●Weekly_Line_Color ・・・週足ピボットラインのカラーリングを選ぶことができます。

●Daily_Line_Color ・・・日足ピボットラインのカラーリングを選ぶことができます。

●Monthly_Line_Weight ・・・月足ピボットラインの太さを選ぶことができます。

●Weekly_Line_Weight ・・・週足ピボットラインの太さを選ぶことができます。

●Daily_Line_Weight ・・・日足ピボットラインの太さを選ぶことができます。

●PP_Style ・・・ピボットラインのタイプを選ぶことができます。

●SR1_Style ・・S1ラインのタイプを選ぶことができます。

●SR2_Style ・・・S2ラインのタイプを選ぶことができます。

●SR3_Style ・・・S3ラインのタイプを選ぶことができます。

●TransPct ・・・ラインの透過のさせ方を選ぶことができます。

●トレードステーション用のマルチタイムフレームピボットはFXにも流用可能です

FXのチャートをトレードステーションでチェックすることが可能ですから、必然的にFX取引でもマルチタイムフレームピボットを使うことができます。

トレステのFXチャートであれば、70ティックチャートも確認できるので、ティックチャートによるデイトレードを行うのであれば欠かせません。
「マルチタイムフレームピボットをトレードステーションにおける70ティックチャートに出す」ということ以上に、短期スキャルピングで効果を発揮するものを私は知りません。

そして、スイングやデイトレードの場合はMT4の方が使いやすいと感じる人もいるかもしれないので、チェックしてみてください。
当然、マルチタイムフレームピボットのインジケーターにはMT4用のものも存在します。

※まずはトレードステーションそのものを準備しないと、マルチタイムフレームピボットを用意する意味がないので気を付けてください。ちなみに、トレードステーションは利用料金も口座開設料金もゼロ円です。

コメント