プログラミングトレードアカデミー

3分程度の動画で学習する!

無料新規登録

レンジ相場が継続する銘柄を確認して投資してみよう

トレステ解説

投資する銘柄を決める際には「会社の業績」を確認することが非常に大事です。
しかし、銘柄をチョイスする上では「チャートの確認」も忘れてはなりません。
ここでは、「レンジ相場が継続する銘柄」をチャートを確認することで見つけて、それをメインに投資を行うという方法に関して解説していきます。

銘柄は業績を確認しつつチャートにウエイトを置いてチョイスしましょう

業績を確認することも銘柄をチョイスする上では欠かせませんが、ここでは「チャートにウエイトを置いて銘柄を決める方法」についてお伝えしていきます。

ただ、最初はファンダメンタルズをチェックしましょう。
ここでは「RSI」を見るべきです。
割安な銘柄なのか否かをRSIから分析して、3種の移動平均線(長期・中期・短期)が上昇しているかどうかを調べます。

また、チャートに常に50銘柄前後(中小型株をメインにすべきです)を登録しておきましょう。そして毎日その銘柄を確認して、チャートの形が壊れた(レンジ相場の下限を下回っているなど)のであれば、別の銘柄を新規に登録して下さい。

レンジが継続する銘柄に投資&レンジを抜けた段階で売買を行う

レンジ相場が続く銘柄(一定期間株価が変動している銘柄)をメインに、チャートの確認により銘柄を見つけましょう。
そして「レンジを上抜けて、下げに入っている銘柄」の指値注文を行ってください。
「売買後の上がり方」はレンジの期間が長いほど激しくなります。

買ったら、損失金額を「逆指値の売り注文を移動平均線の下に入れる」ことにより定めて、下回るか否かを確認します。

「レンジを突破してからの急上昇」がこの方法での狙い目です。
ですから、損切のために逆指値注文をして、リスクヘッジを行うことを忘れないでください。

ちなみにチャートの確認を行えるのであれば、それほど時間が取れなくても実践できる方法でもあります。したがって、副業として投資をしている人にも向いていると言えます。

「中長期」が基本

「レンジから上抜けるときの初動」をキャッチできれば稼ぐことが可能です。
また、売買期間は中期以上にした方が大勝しやすくなります。
ただ、毎日チャートにて株価を忘れずに確認する必要があるので気を付けましょう。

それから、銘柄の関連テーマをバラけさせるつつ、均等に4~5銘柄に分けて投資するのがポイントです。
関連テーマが重複していると、レンジを突破してから買う機会が少なくなるので気を付けたいところです。

まとめ

ここまで「レンジの上抜け」を利用して稼ぐ投資方法について解説しました。
株価チャートをしっかり確認して上手に立ち回りましょう。

大勝できることも多い方法ですが、とにかくリスクヘッジを忘れないようにしましょう。
具体的には「逆指値注文」が欠かせないということでしたね。
これにより損失額を定めておくことで、「ハイリスク・ハイリターン」を「ロー~ミドルリスク・ハイリターン」に変えることが可能です。

こういったリスクヘッジは、どのような投資手法においても絶対に必要になってくることです。「上手く負ける」ことができないと、株式投資で安定して稼いでいくことはできないと考えてください。

コメント