プログラミングトレードアカデミー

3分程度の動画で学習する!

無料新規登録

トレードステーションで「データリクエストの失敗」となってしまう場合の対処法

トレステ解説

●「データリクエストの失敗」が発生するときはどうする?【トレステ】

トレードステーションの使用中に「データリクエストの失敗」という文字がレーダースクリーンやチャートにおいて出る場合があります。
こういったときはどうすれば良いのでしょうか。結論を言いますと、キャッシュを消せばいいです。厳密に言えば「キャッシュデータにアクセスできません」みたいな文字も出ているはずですからね。

では、どのようにすればキャッシュを消すことができるのでしょうか。
まあ、あまり難しくはありません。数分で完了するはずです。

●なぜ「データリクエストの失敗」になるのか?

パソコンのスペックや使い方によるようですが、トレードステーションを継続使用していると「データリクエストの失敗」が発生しやすくなります。
相場のクローズ中などにキャッシュをたびたび消すようにしましょう。5~7日に1回くらいで構いません。
スマホのキャッシュをたまに消すのと似たような感覚ですね。

●トレードステーションのキャッシュを消すには?

1:トレードステーションをクローズする

2:トレードステーションの「キャッシュ」のフォルダ自体をデリートする

私のトレードステーションでは、Cドライブのところに「キャッシュ」フォルダがありました。環境によって出る場所が違うかもしれないので気を付けましょう。

3:トレードステーションを立ち上げる

成功していれば「データリクエストの失敗」という表示はされなくなるはずです。
キャッシュデータ自体がなくなりましたからね。

これでも「データリクエストの失敗」が出るのであれば、何かが間違っていると考えたほうがいいです。

コメント